どうすれば、もっと楽になるのか?この夏、一つの壁にぶつかりました。

大断面の木材加工の仕上げには手加工と検査が必要です。それが4面あるので、4回ひっくり返さないといけない。人を集めなければならない。そのたびに、他の作業をしているみんなが手を止めて集まってくれる。でも、甘えていていいのだろうか?

建物の構造上クレーンはつけられない。普段は必要がないので、もしつけてもほとんど遊んでいる状態になる。目的は回転だけなので、シンプルな機能で、コンパクトで、使わない時にはしまっておける・・・そんなものを近くの鉄工所の方と一緒に考えてつくりました。

自分たちで考え、つくったものは何物にも代えがたいものです。改善へのチャレンジで「人も会社も今よりも一歩向上」すします。

何もしなければ衰退。チャレンジして成功すれば、大きく進歩します。もし、うまくいかなかったとしても、新しいことを学び成長します。

今回のチャレンジで、効率が上がり、これまでできなかった仕事もできるようになりました。

今回のプロジェクトは、14本の登り梁に使いました。機械加工だけで1本2時間以上かかりましたが、そのあとの検査や手加工で活躍しました。

before  after 
   

 



Copyright:(C) Sanno Housing Co.,Ltd All Rights Reserved.